読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダンガンロンパV3 感想と個人的見解

 

ストーリーのネタバレを含みますので未プレイの方は閲覧をご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレイ後の衝撃はなかなか味わったことのないもので、現実を受け止めきれなかったのが正直なところです。そのとき感じたのは怒りや悲しみといった負の感情でした。

ですが、様々なレビューや考察を拝見させていただくうちに少しずつ落ち着いてきました。私も自分なりの答えを見つけた気がしましたので、この気持ちをどこかに発散したいと思ってこの場をお借りします。

 

要するに、感想や思ったことをだらだら綴っているだけです。が厳しいことも書いています。単純に「このゲーム最高!アゲアゲ↑」っていう評価ではないのであらかじめ。

きっとV3の言いたかったことはこんなことなんじゃないかな?って超個人的な見解を述べているだけなので、軽く共感してもらえたら嬉しい~くらいの気持ちです。合わないときはブラウザを閉じてくださいね。

 

 

 

率直に結論から言うと、V3はコロシアイ(を望むロンパファン)を否定した作品

私はそう思います。

 

 

 

私自身、ダンガンロンパシリーズは1・2・3(アニメ)、絶望少女、小説と嗜んでおり、大好きなゲームシリーズの1つです。ただ、3のアニメに関しては個人的に納得していないのですが。笑

 

正直、新作V3に関しては3アニメの影響が悪い方向に強くて、購入は様子を見てから決めよう…と思っていました。期待値は非常に低かったです。くわえて発売後「賛否両論が激しい終わり方をした」という情報が入ってきたので、それもまた購入意欲が削がれる削がれる…。

だけど、……それはそれで気になる!!!!!

ということで、結局プレイしちゃったんだよ。体験版もしちゃってた以上、誰が殺されて誰がクロなのか気になっちゃったよ。終わり方もめちゃくちゃ気になるよ。

結局のところ、ロンパに期待していたんだ私という人間は。

 

 

さて、プレイ開始

誰が殺されて誰がクロなのか、予想を立てていても覆されるのがこのゲーム。

中でも赤松ちゃんは中の人が舞台の盾子ちゃん、そしてピアニスト(鍵盤が白黒)ということで黒幕かなと予想していたんですが、第1章でクロにされたときは「早すぎる!!」と衝撃を受けました。でもやってくれたな…という感じです。

プレイを終えた今は、疑ってごめんなさい…という気持ち…。赤松ちゃんすごく良い子だった…。

赤松ちゃんに限らず、V3のキャラクターはほとんど良い子たちでしたね。コロシアイがなかなか始まらなかったのも頷けます。全キャラに対してずっと疑心暗鬼にプレイしていたのでまっさらな気持ちでもう一度プレイしたい。

とにかく第1章のトリックは身震いするほど面白かったです!

早くも予想できない展開に、購入前の不安はどこへやら・・・。

それからはもうゲームを進める手が止まりませんでした。

 

なんだよロンパやっぱ面白いじゃん!!

 

今までのロンパに引けを取らないくらい事件も調査も学級裁判も面白いし、キャラクターたちも魅力的だし、こんなワクワクがとまらないゲームで一体どんなラストを迎えるんだ・・・と最終章に進むにつれ期待と不安がないまぜに・・・。

 

かなり覚悟して最終章に挑みました。

 

いやしかし、最終章は謎が解き明かされそうになるたびに面白さが増していって、裁判で黒幕がわかる展開に熱くなっていくじゃありませんか。

お? 最終章も面白いけど???

 

そして明かされる謎。

 

すべては「嘘」。「設定」。

 

あー・・・なるほどな・・・。

これは確かに・・・賛否両論だ・・・。

 

 

 

正直に言います。

私はこのラストを迎えた瞬間に虚無に突き落とされた気がしました。今まで夢中になってきたものがすべて「嘘」で、そうなるように「作られた設定」だと。プレイしてきた今までの時間全てを否定されたような気分になり、最後の方はやる気も集中力も切れる始末…。

特に過去のキャラが代わる代わるメタ発言をするところは本当にうんざりしました。

希望もしない絶望もしない。何も選ばない。

コロシアイを望む外の世界の人たちの気持ち悪さ。

ただただ「ひどい」と思いました。

ですがそれは最初の感想。

 

確かに「ひどい」と思った。やる気は削がれた。なのにその後、ずーーーーーっとV3世界のことを考えてしまうんです。本当にすべて「嘘」だったのか。たとえ「シナリオ通り」だとしても、章を進めるごとに成長していったキャラクターたちの想いは「真実」ではないのか。そう信じたい。

 

 

そしてプレイ後の悲しみからようやく落ち着いた頃、ふと気付きました。

V3って私たちの世界「リアル」とまんまじゃないか…? と。

 

うーん・・・うまく言葉で言い表せないな。笑

長くなりますが以下つらつら書いていきますね。

 

 

ダンガンロンパはフィクション。キャラクターは設定。シナリオ通り。外の世界の人間はコロシアイを望んでいる。望むからこそ次の作品が生まれ、コロシアイは続いていく。

最終章の問題点はこのあたりだと思います。

だけど、当たり前だけど、それって私たちの「リアル」そのままじゃありませんか?

 

私たちにとってダンガンロンパは「フィクション」です。ゲームは「シナリオ通り」に進むのは当然のことです。プレイする私たちはそれを当然わかっています。

ダンガンロンパはフィクション(私たちの世界ではない)

キャラクターの設定・シナリオ(制作会社がある)

外の世界の人間はそれを望んでいる(ファンは続編や派生作品期待する)

・・・どうでしょうか。

 

でも、キャラクターたちはそのメタな発言を受けてショックを受けます。当然です。キャラクターたちはその「作られた世界」で生きているんですから。それがすべて「嘘」だと言われたら、それはショックです。プレイ中はキャラクターたちに感情移入していたので、私は彼らと同様にショックを受けました。

でも、考えてみると実際に私たちの立場ってコロシアイを見ていた「外の世界」の人たちなんですよね。にこにこしながらコロシアイを見ていた、気持ち悪いと感じた「外の世界」の人たち。同一視したくないけど、実際はそうなんです…。

ゲームを始める前はワクワクしました。誰が殺されるのか誰がクロなのか。きっとそのとき私は「外の世界」の人々となんら変わらない立場に立っていたはずです。

 

最終的には「外の世界」の人々は呆れながら去っていきます。「なんだこれ、熱冷めたわ…」という感じ。それと同じような気持ちになった人いるんじゃないでしょうか。

 

リンクしてると思いませんか・・・?

 

 

 まだまだ語らせてもらいます。合わなかったらブラウザ閉じるんですよ!いいですね!

 

 

個人的な見解としては

V3はコロシアイを望むファンを厳しく否定した作品。それに尽きると思います。

 

ファンを否定するなんて驚きですよ。スゴイんですけど。引くんですけど。

 

当然プレイヤーは当然怒ります。怒っていいと思いますよ。「プレイヤーに喧嘩を売ってるのか」、「プレイヤーに親でも殺されたのか」、「どこまでロンパを貶めれば気が済むんだ…!」等、私も憤りました。きっと同じようなことを思った人たちもいると思います。

でもきっとプレイヤーを怒らせることを狙っていたのではないでしょうか。狙って批判を浴びる…本当に引くぐらいスゴイんですけど…。

 

 

じゃあ、なんでわざわざ怒らせるような結末にしたのか。

それはきっとコロシアイを終わらせるためではないでしょうか。

 

 

V3は「外の世界」が望むからコロシアイが続いていました。これは「ロンパファンがいるから、コロシアイが続く」ということです。

では現実では?

ゲームに始まりアニメ化までされて人気コンテンツとなったダンガンロンパ。その続編として新作V3が作られました。現実でも確かにダンガンロンパのコンテンツは続いています。

私はやっぱり「世界がリンクしてるわ…」と感じてしまいます…。

 

作られたキャラクターでもフィクションの存在でも、彼らには「世界」があってそこで生きています。だけど、その彼らにコロシアイをさせているのは他ならぬファンたちだと。

きっとV3の言いたいことはそこだと思うんです。

いや作ってるのはすぱちゅんやんかーい^^#とも思うんですけどね。

 

でも、制作サイドはロンパを否定したのではなく、それを望む人々を否定したんです。※ここ重要です。

ゲームの「外の世界」の人々と同じように呆れた人、失望した人、きっと多いと思います。制作サイドは今回それに成功したのかもしれません。(制作サイドがそうなるように狙っていたのであればですが)

いや、狙っていたのであれば本当にすごいですよね。ファンを突き放す行為に等しいんですから。そりゃあ批判わんさかでますよ。仕方ない。

私だって過去のキャラにあんな台詞言ってほしくなかったです。わざわざ声優さんまで引っ張り出さなくてもいいだろ!!と憤慨しました。

でもそこまでしないとファンを減らせない。コロシアイを終わらせられない…ということなのかもしれません。 

たぶん本気でコロシアイを終わらせるつもりなんでしょうね。続編が出ちゃったら失笑ですが。

最原くんの名前も略すると「最終」となるのは、そういう意味が込められているのかなーなんて思ったり…。

 

 

コロシアイを失くすためには、まずファンを絶やさなければ。という極論。

それは簡単なことじゃありません。人気コンテンツからファンを突き放すなんて…普通じゃそんな考えに至りませんよ…。でも、作中でも王馬が普通じゃとてもやれないことをやったみたいに、公式はV3を通してやり遂げた気がしました。

この考えに至るまで随分時間がかかりましたが…。

 

でもこれで少なくとも私の中では気持ちに整理がつきました。最初の頃に感じていた負の感情は今はありません。レビューをつけるなら最初は☆1でしたが、今は☆5くらいな気分です。笑

もちろんこれはすべて私個人の感想であり見解です。戯言だと思ってもらって構いません。

 

 

いやぁ…やっぱダンガンロンパはすごいコンテンツだし、V3に関しては物凄いところまで踏み込んで作られた問題作と言えるでしょう。人に勧めにくい…とは思いますが…。

 

 

もう一度言いますが、制作サイドは作品を否定したわけではないはずです。制作サイドにとってダンガンロンパはオリジナル作品の「フィクション(嘘)」ですし「シナリオ通りの作られた世界」なんですから。至極当たり前のことなんですよね。

それにキャラクターたちをただ残酷な運命に導いたわけではないはずです。ラストまでの話を思い返すと、展開に胸を熱くさせられましたし、涙することもありました。非常に強烈で個性的なキャラクターばかりでも、みんなそれぞれにコロシアイを止めようとしていました。V3のキャラクターたちは個人的にロンパシリーズで一番好きです。

私が感じているこの気持ちは嘘ではありません。こんな気持ちにさせてくれたことは嘘ではないんです。作品に愛情がなければそんな気持ちにはさせてくれなかったと思います。

だって楽しかった。今までのロンパを上回るくらい面白いと思った。この気持ちまで否定されたらもう何を信じたらいいのかわかりませんよ。

…ちょっと綺麗事かな…。笑

 

 

V3世界の謎についてはどんなに検証しても「思い出しライトを使えばどうにでもなってしまう」世界で、嘘か真実か結局のところわからないように作られています。

何が嘘で真実なのか、それはプレイヤー側の判断に委ねられています。「自分の信じたいものを信じろ」と百田くんがずっと言っていた台詞が深く響いてくるようです。

私は自分の手でプレイしてきた事実がある以上、純粋に心に響いたものを真実にしようかな~と思っています。

 

以上、感想でした。

読みにくい部分もあったと思いますが、ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

ここまでファンを否定した問題作です。もう続編は出ないでしょうけれど、もし出るなら紅鮭団ボリュームアップな作品とか出ないかな~!平和なやつ。誰かのリコーダーが盗まれたその犯人は!とかいうレベルでいいので学級裁判またやりたいよ~。

 

外の世界のファンの一人として切に願います。